×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



〜姫路・明石編〜



姫路に降り立ち、まずは姫路城西の「好古園」にやってきました。








好古園内の食堂で、「穴子弁当」を頂く。








曲水が見事。










花の咲き始め。
春の慶び。









美しく、爽やかな竹庭。








茶室から望む姫路城。









さて、いよいよ姫路城に登城します。








そしてついに世界遺産・姫路城へ。








「圧倒的な美しさ」








見る角度によって様々な表情を見せる姫路城。
そして、そのすべてが美しい。








松と白鷺城








いよいよ天守閣に近づいてきた。








天守閣から望む姫路の中心街。









姫路を後にして、明石にやってきました。








欲張りなタコ。タコの手も借りたい?








そう、明石はタコの町。








そんな明石の中心、「魚の棚商店街」








発音は「うおんたな」








海産物が並び、活気がよい。








そんな中、「たこコロッケ」なるものを発見。
タコの歯ごたえがあって、なかなかうまい。








こんなかわいい看板に導かれる。








港町の慕情あふれる。








そして、「たこフェリー」に乗船!
往復640円のプチクルーズのはじまり。








明石海峡大橋が見えてきた。








多くの船が行き交う明石海峡。








すれちがうフェリーと明石海峡大橋。








大橋をくぐりぬける瞬間も近づいてきた。










「世界一の吊橋」である明石海峡大橋。








その優美な姿にしばし釘付け。








そして、なんと本州を抜け出し、淡路島に到着(一瞬降りただけで、とんぼ帰りですが。)
タコの絵柄の船が迎えてくれた。








本州に戻り、明石市を再び散策。
そう、明石は「東経135°」の「子午線」が通る、標準時刻の町。








最後に名物「玉子焼」(明石焼)で乾杯。








大満足の明石の旅でした。