×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



〜上高地編〜




マイカーでは行けないリゾート地。上高地にやって来ました。
奥飛騨の平湯温泉でバスに乗り換えて、約20分の旅。








大正4年の焼岳の噴火で、梓川がせき止められ、一瞬の内に出来上がったこの池。








澄んだ水。








大正池で弁当を食べる僕たちの前にちょこちょこやってきて、
「くれ」とは言わないが、なんとなく物欲しげなカモ。








最初は一羽だったのが、だんだん増えてきて、
どのカモも横目で弁当を見ている。
これだけ多いとさすがにこわい。









自然のパワーを感じることができた大正池でした。








大正池から整備された遊歩道を歩き、観光の中心である「河童橋」を目指します。








可憐に咲く、高山植物をながめながらのトレッキング。








見事な湿原が広がる。








田代池にて。
絵画の中にいるような。








どの風景を切り取っても画になる。








トレッキングの中間で、上高地リゾートの中核。
「帝国ホテル」にやってきました。








ロビーでケーキセットを頂き、少しセレブな気分に。








少し休憩したところで、再び河童橋を目指す。








段々と日が暮れてきました。
夕陽に染まる梓川。








そして、今回のゴール地点であり、上高地のシンボルでもある「河童橋」にゆっくり2時間半ほど掛けて到着しました。








河童橋の橋上から眺める山々は、日本にいることも忘れさせるほど感動的なものでした。










河畔で信州名物の「おやき」を頬張る。








「きれい」とか、「美しい」とか…。
並大抵なことばではもったいない気がしました。