×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



〜鳥取砂丘・北近畿編〜



夜明け近くの鳥取砂丘を歩く。







「無」の世界。
誰もいない砂丘。風の音だけがごうごうと鳴り響く。









美しい風紋







砂の山に果敢に挑む。








たどりついた場所から日本海を望む。








砂丘の夜明け。








砂丘散策で身体が冷えてしまったこと、予想以上に時間が持てたこと、砂丘で砂まみれになってしまったこと…
様々な要因が重なり、兵庫県は城崎温泉にやってきました。







朝早くから、外湯めぐりを楽しむ人たちで賑わう。








少しレトロさを感じさせる温泉情緒も。








多くの文豪たちに愛された城崎。








城崎にて。








京都府北部の丹後半島に移動して、遊覧船に乗船。
そうです、京都は実は海に面していたのです。








伊根湾めぐりの旅スタート。








エサをうまくキャッチする、カモメたち同伴の旅路。








大小の島を横目に船は進んでゆく。








しばらくすると「舟屋」と呼ばれる、この地方独特の景観が見えてきた。








海の中に建っているような舟屋。








一階が漁船のドッグで、二階は住まいのようだ。








海と生きる。








絵画のように縁取られた天橋立。
こんな素敵な和食処で昼食。いよいよ天橋立を訪れます。








天橋立の展望台まで、リフトを使ってのぼる。









神秘・天橋立。








「股のぞき」で有名な天橋立。
こうやって見ると、天橋立が昇天する龍に見える…。らしい。








なるほど。








最後に先ほど上から展望した天橋立を歩いてみることに。
日本的で素晴らしい景観。さすが日本三景のひとつ。








そんなわけで、ハードながら超充実の鳥取砂丘・北近畿の旅終了。








足あとを残そう。