×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



〜久能山編〜





静岡のおいしいところだけをもぎ取る旅のスタート。
駿河湾沿いには、いちご栽培のハウスが延々と連なる。








静岡といえば…、フルーツ。
今、まさに旬のいちごを心行くまで頬張る幸福。








いちごをたらふく頬張り、満足した後は日本平に移動。








日本平から、ロープウエイに乗車し、久能山を目指す。








ロープウエイを降りると、まさに別天地。









徳川家康公の霊を祀る東照宮。









創建400年を迎え、塗り替えを終えたばかりの東照宮は、
創建当時の艶やかさ。










極彩色の彫刻や漆絵に目を奪われる。








東照宮から見た太平洋。

家康公がこの地に自らの霊を祀るよう遺言した理由が
なんとなくわかる。









久能山を降り、三保の松原にやってきました。








海岸と富士の遠景は、まさしく日本そのもの。








さて、静岡といえば…、お茶。









和パフェと、こだわりの緑茶を頂く。
こんなり緑茶を意識して飲んだのは初めてかもしれない。








静岡といえば…、魚!








と、いうわけで、旅のしめに、おいしい海鮮丼を食べる。
大満足の静岡の旅。