×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



〜灘黒岩水仙郷編〜




美しい明石海峡大橋を通行して、
兵庫県は淡路島に上陸。








そのまま淡路島を横断し、渦潮で有名な鳴門海峡手前までやってきました。
「うずの丘」から今度は鳴門海峡大橋を遠望。

橋の向こうは、なんともう四国。








鳴門海峡を一望しながらのランチ。
淡路島新名物の「淡路牛丼」

淡路のブランド牛と、名産の玉ねぎの組み合わせで、
おいしくないはずがない。








そして、今日、会いたかった風景に。
車を駐車し、花の香りに包まれながらスロープを登っていく。








頂上まで歩き、出迎えてくれたのはこんな風景。








ここ、「灘黒岩水仙郷」。野生の水仙が咲き誇る。








海と水仙のコントラストがなんとも美しく。








梅も少しづつ花を咲かせていました。









海に向かって咲く、水仙。



















水仙郷から程近い場所。
野生のサルと触れ合うことのできる、
モンキーセンターという施設にやってきました。

さっそく、たくさんのサルたちに遭遇。








大人のサルはどこか筋肉質で、近寄ってくると若干怖いのだが、
やっぱり小猿はかわいく…。








表情が豊かで、じっと観察してても飽きない。








サルもヒトも、本質的にはあんまり変わらないのかも。
表現がおかしいけど、ひとつひとつの行動が、いちいち“ヒトっぽい”。









愛らしいサルを間近に観察する貴重な体験でした。









淡路島の玄関口・鳴門海峡に戻ってきました。
こんな風景を見ながら、最後に贅沢な絶景露天風呂を堪能。

広い広い淡路島。
今日はほんの一部だけ見ることができましたが、
まだまだこの島には楽しみがありそうです。












淡路島の旅でした。