×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



〜長野編〜






まずは、牛にひかれて善光寺を参拝。








参拝すれば誰もが極楽浄土に行けるとされ、
宗派を超えて信仰を集める。








牛の顔にも見える「善」の字。








ちなみに、本堂の後ろの隅に置かれていたホルスタイン像。








栗と北斎で有名な小布施の街をぶらり。

北斎の天井画で有名な岩松院も参拝したものの、
天井画の撮影は不可。
天井画はこちらを参照。







栗メインの和菓子店で、おみやげを選ぶ。
今回、立ち寄ったのは老舗「小布施堂」








昼食を食べるため、渋温泉を訪れました。








少し、レトロな香りが漂う温泉街。

















渋温泉から少し奥へ進んだ上林温泉から、雪道を歩く。

この日は、長野でも10℃を越す気温。
ぬかるんだ悪路と落雪が行く手を阻む。








雪道をいくこと30分。野生の猿を見学できる、「地獄谷野猿公苑」に到着。








「温泉に入るサル」はあまりにも有名で、
海外のメディアにも登場する。








言わざる。








ぼけ〜っと、しながら湯に浸かるサル。
どうも人間の行動と照らし合わせてしまう。








は〜、よみがえる〜。








気温が高かったためか、温泉に入るサルは少数でしたが、
それでも気持ちよさそうでした。








人によく懐いているニホンザル。
モデルの仕事もこなしてくれる。









極楽、極楽。