×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



〜大井川鉄道の旅編〜



長いこと構想していた大井川鉄道の旅がついに実現。
始発駅の金谷からSLに乗り込むが、肝心の先頭車両はホームが短いため見ることができず…。
SLの撮影は終点の千頭までお預け。








何はともあれ、予約した席に座る。
それにしてもレトロな車内。








駅弁を頬張りながらのSLの旅。








ハーモニカがお上手な車掌さん。









終点の千頭に到着。
ついにSLの雄姿を拝むことが出来た。








黒光りし、迫力あるSL列車。








SLが動く様子を見ることができなかったのが若干残念。








千頭駅からバスに乗り継ぎ、秘境・寸又峡にやってきました。








遊歩道・寸又峡プロムナードを進むと間もなく見えてくる「夢の吊橋」








とにかくスリル満点の橋。








管理人junもトライ。








TVや雑誌で見てイメージしてたよりも数倍怖い。

一歩踏み外せば、怖ろしいことになるし、
何よりも予想以上に揺れる。








それにしても、吸い込まれそうな不思議な青だ。








吊橋を無事に渡り終え、引き続き散策コースを歩く。
そして、先ほど渡った吊橋を今度は高い位置から見下ろす。








再び大井川鉄道に戻り、川根温泉で散策の疲れを癒したのでした。








SL、秘境、温泉…。
「旅情」って言葉がしっくりきます。