×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



〜六華苑&おちょぼ稲荷編〜



まずは桑名の「六華苑」にやって来ました。








洋館と和館。
2つの「顔」もつ六華苑は実業家・二代目諸戸清六の邸宅。








まずは、「和館エリア」でまったり。








和館から望んだ庭園








がらっと変わって、こちらは洋館。
鹿鳴館などを設計したジョサイア・コンドルの手によるもの。








「ジャパニーズ・ドリーム」なんてね。
なかなかステキなお金の使い方じゃないですか。








洋館から望んだ日本庭園








洋館から望んだ和館










おっ、ラブラブカップル発見。












末永くお幸せに。











水にその姿を映す六華苑








どちらも「ニッポン」。





















桑名から足を伸ばして、千代保稲荷にやってきました。
通称「おちょぼさん」








どこの観光地にも見当たらないような風景に惹きつけられる。








参道にはどて串と、串かつを立ち食いできるお店が複数並ぶ。








「二度づけ禁止」が key word.
食べた串の数でお勘定する system.








なんだか懐かしい雰囲気。








100円を入れてセルフでわたがしをつくる機械が。








「タイムスリップしたみたい」なんて、ありふれたセリフは…。
でも、出ちゃう。









そして、「おちょぼさん」を参拝。








お賽銭のかわりに、油揚げとロウソクを30円で買ってお供えするんです。











おちょぼさんの旅でした。