×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



〜龍野編〜



2011年の旅初め。
兵庫県のたつの市を訪れました。








「揖保の糸」の「揖保」とは、この地方を流れる「揖保川」のこと。
さっそく、暖かいそうめんに舌鼓。








JRの本竜野駅から歩いて数分。
龍野の城下町のエリアに移動。








龍野城を中心とした城下町。








天守閣はなく、一部の遺構が残るのみ。








醤油の醸造で栄えた龍野。
白壁土蔵が城下町の情緒を増させる。








詩人の三木露風の故郷でもある龍野。

「夕焼け小焼けの赤とんぼ」
そんな歌の情景が現在も違和感なく残る素敵な町でした。








さて、日も暮れかけ、明石に移動。
明石城の立派な櫓は、JRの駅からもよく望める。








櫓から明石市街を一望。








久しぶりに「魚の棚」を訪れました。
お正月ムードも残っていて、華やかな雰囲気。








ここでのお目当てはやっぱり食べたい明石焼。
上品な味わいで、絶品。








2011年も素敵な風景や美味に出会えますように。