×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



〜富山編〜



以前、氷見・高岡を訪れて以来の富山。
新湊の海王丸パークを訪れました。








「海の貴婦人」、海王丸。








この日は、年に10回の総帆展帆(そうはんてんぱん)の日。

普段からここ伏木富山港に停泊しているものの、
29枚のマストを広げた美しい姿は、なかなか見れない。








「海王丸パーク」内の食堂で、海鮮ランチ。
名物の「しろえび」(左手前)は、えび本来の甘みと、
わさびのパンチが絶妙で、くせになりそう。








パークのマスコット?








続いて、薬の町、富山市の中心街にやってきました。








一旦駐車場に車を止め、富山駅の北口から
新交通システム「PORTRAM」に乗車!








欧州の路面電車を思わせるようなSmartデザイン。
この車両に乗って、港を目指します。








よく整備され、おしゃれな富山の都心部を車と併走し、
終点の岩瀬浜に到着。
振動が少なく、ステップもない、とても快適な「PORTRAM」








最新式の列車に揺られてたどり着いたのは、
潮の香り漂う、港町でした。

無料のレンタサイクルを借り、岩瀬の町並みをいく。








再び「PORTRAM」に乗車し、富山駅に。
こちら南口は、少しレトロな市電が走る。









駅前のビルで、富山独自の黒ラーメンを頂く。
まさかこんなに黒いとワ!

しかしながら、醤油の旨味がきいた
意外なほどさっぱりした美味ラーメンでした。








とやまもだん。


立山の大自然、おいしい魚、伝統ある薬業…。
いろんな顔があるけれど、
「今」の富山にスポットを当てた今回の旅でした。