×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



〜阿蘇編〜


この旅は熊本編からつづく




2日目は熊本市内でレンタカーを借り、自然豊かな阿蘇を駆け抜ける。








不思議な形をした「米塚」
1500年前にあらわれた火山。







そして、ハイライトの草千里は画のよう。








そして、景色は一変して天国から地獄。
TVゲームのダンジョンのような殺戮とした光景。

硫黄臭が立ち込める、活火山でもある阿蘇山のコア。








写真だとわかりづらいですが、この日はガス濃度が高く、「赤」








活火山でありながら、火口まで立ち入れる、世界でも有数のスポット。
しかしながら、この日、立ち入れるのはここまで。

残念でしたが、この場所からでも、阿蘇山のパワーを感じたのでした。








再びドライブを開始。








宮崎県まで足を伸ばし、神話の里・高千穂までやってきたのでした。
写真は高千穂神社。








阿蘇の火山活動で成形した高千穂峡は、
楽園を思わせる、神がかったような、光景なのでした。








熊本県に戻り、白川水源にやってきました。











ペットボトルに名水を詰め、飲んでみましたが、
まさに日本人の口にあう「おいしい水」。

阿蘇山のめぐみを受け、旅の疲れも一気に吹き飛びます。








さて、2日間に渡った九州の旅も大詰め。
熊本駅に戻り、最後の一杯。

大充実の九州旅はこうして幕を閉じたのでした。